眼は外界からの様々な情報を
受取っています。
目には酸素や栄養を届け
老廃物を運ぶ為の毛細血管が
びっしり張り巡らされています。
血液の質・量が落ちると、
眼はその働きを充分発揮できなくなり、

血液は肝臓によってもたらされていますよね。
肝臓は「血液の貯蔵庫」といわれるように、
体中から集まった血液の老廃物を
分解・解毒して、きれいになった血液に
栄養を与える働きがあります。

この働きが損なわれたとき
目の栄養状態が悪くなり
眼の疲れ、かすみ・ぼやけ・視力低下・ドライアイ
などの症状があらわれます。

更に続けば、目の周りのクマやくすみ、シワなどが
顔面の症状が出てきます。

もし血液検査のデータが正常であっても
このような目のトラブルを感じたら、
「肝臓に要注意」と考えて
養生しなければいけません。

健康な体があってこそ、美容は成り立ちます。と
「美容鍼」を受診したい患者様には
必ずお話しています。
眼の周囲のケアには、肝機能の治療の施術を欠かしません。

当院ではは患者様に
しっかり効果を実感してほしいので
顔だけに施術する事は致しません。

つまり体の施術もする事で、
健康と美容の両方を手に入れる事が出来ると
お勧めしています。

眼と肝臓との関係
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非ラポール鍼灸治療院の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。