残念ながら、刺鍼による内出血を100%防ぐ方法はありません。
なぜならば、毛細血管を完全に避けて鍼を打つことは不可能だからです。
でも、施術者側の工夫で、出来るだけ内出血のリスクを抑えることは可能です。

内出血が起こりやすい人

しかし、絶対に回避出来るとは言い切れません。
患者様の体調によって、内出血が起こりやすいタイプの人がいるからです。

顔には多くの毛細血管が走っています。
その毛細血管の血流が悪くなると、酸素や栄養が不足し、もろくなってしまいます。

毛細血管の流れが悪くなる原因としては、

糖尿病高血圧高脂血症などの病気、タバコ加齢遺伝的要因などが挙げられます。

これらの原因でもろくなった毛細血管が多い方は、ちょっとした刺激で毛細血管の壁が壊れるため、内出血しやすくなります。
また、壊れた血管壁を修復する能力や血液凝固能力が低い方は、一度出来た内出血が長引きやすくなります。

例えば、以下の方は内出血をしやすいと考えられます。

  • 普段から身体にアザが出来やすい方
    普段から身体にアザが出来やすい方は、同様に、顔鍼による内出血をしやすいと考えられます。
  • 高齢の方
    加齢と共に毛細血管の壁がもろくなる傾向にあるため、内出血をしやすいと考えられます。
    さらに血を固める能力も低下傾向にあるため、内出血が治まるまでの期間が長めになると考えられます。
  • 薬の影響
    血液をサラサラにするお薬を服用している方も、内出血をしやすく、治るまでの期間が長くなると考えられます。
当院では内出血や痛みが起こりにくい鍼を使用しています。
痛みや内出血が起きにくい特別な鍼なので、他の治療院で施術を受けた事のある患者様は、その違いに驚かれます。女性鍼灸師による一味違った美容鍼の施術をお試し下さい。

内出血はどのくらいで消える?

鍼による内出血は、上記にてご説明したとおり「青アザ」と同様のものですので、通常は小さいもので数日~大きいもので2週間程度で消えていきます。

消えるまでの期間は、お客様それぞれの体質によって変わります。
しばらくの間は不自由ですが、必ず以前よりもキレイなお肌になります。
傷を負ったことにより、細胞が活性化され、死んだ古い細胞から新しいキレイな細胞へと置き換わります。
そう、再生されるんです。
だから以前よりも弾力のあるモチモチしたお肌がよみがえるのです。
ですから内出血をポジティブに捕らえ「ラッキー!」と思えるようになれると良いですね。

美容鍼は内出血が起こりやすい?
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非レディース鍼灸salonラポールの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。