ほうれい線はシワではない

ほうれい線は、医学用語では鼻唇溝(びしんこう)と言います。
つまり顔に元々ある、「頬と口まわりの境界にある構造的な溝」のことを指します。
骨や筋肉といった土台の構造上に生じた溝なので、年齢とは関係ありません。
若い小さなお子さんでも、よ~く見ればほうれい線は確認できるはずです.

溝なので、若い方にもほうれい線はあって当たり前。
それなのに、法令線は「老け顔の代名詞」として、
女性の悩みですよね。
この溝が年齢を重ねる事によって、目立ってくるので
ほうれい線が深くなるほど老けて見えることから、加齢によって生じる「しわ」だと思われていますが、厳密に言うとほうれい線はしわではないのです。

ほうれい線の目立ちやすい人、目立ちにくい人とは?

同じ年齢でも、人によってほうれい線が目立つ人と目立たない人がいます。
それは骨格的な特徴によって、ほうれい線の出方が異なるからです。
例えばこういう人・・・

  • 頬骨が高い人。
  • 上あごの骨が飛び出ている人

このような人は、法令線のくぼみが目立ちます。
私達、東洋人は人種的に頬骨が高く、かつ口元が前に出た骨格が多いので
目立ちやすい傾向にあるといえるでしょう。

なぜ、加齢とともに目立ってくるの?

まず、骨の減少です。
加齢とともに骨が細くなり、くぼみが際立つようになります。
更に周辺の皮膚や筋肉がたるんで下がり、ほうれい線の上にかぶさるようになるため、一層目立つようになるのです。

もう一つは脂肪の減少です。
若い頃のような、溝の上を覆っている脂肪が減少してくるので、
溝をカバーできなくなってきます。そうすると、更にくぼみが際立つようになります。

それが顕著に現れるのが眼球の周りです。
眼窩の窪みが大きくなり、周囲の筋肉の張りが失われて、瞳が奥に入り込み小さくなったような印象を与えますね。
そんなイメージです。と

一方で、頬骨が高い日本人の場合も、利点があります。
加齢で下がってくる皮膚や筋肉が、頬骨に引っかかり、頬骨が支柱代わりになるため、
たるみが進んでもほうれい線が悪化しにくいのです。

生まれつき頬骨が低い傾向にある西洋人が、若い頃は東洋人よりもほうれい線が目立たなかったのに、年を取ると年齢が顔に出やすくなるのはこうした理由からなのです。
とは言え、頬の筋肉が硬くなり垂れ下がると、やはり法令線は目立ってきます。
じゃあ、どうしたらいいのか?

硬くなった頬の筋肉を緩めてあげましょう。
お顔の筋肉も肩こりと同様に、凝り固まっています。
美容鍼で解してあげて下さいね。

診療時間のご案内

〒432-8043 浜松市中区浅田町279-2

TEL:080-3621-9980

営業時間
10:00~12:00 13:30~18:00

治療院までのアクセス

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください