自律神経失調症になると、
特に原因が思い当たらないのに様々な症状が現れます。

 慢性的な疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、 下痢、微熱、耳鳴り、手足のしびれ、口やのどの不快感、頻尿、残尿感

精神的な症状としては

イライラ、不安感、疎外感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつになる、感情の起伏が激しい、あせりを感じる

など症状はいろいろあります。

自律神経失調症チェック

あなたは大丈夫?

該当する項目がいくつあるか、数えてみましょう。

  1. めまいや耳鳴りを良く起こす。
  2. 立ちくらみをよく起こす。
  3. 胸が締め付けられる感じがする。
  4. 胸がザワザワする感じが時々ある。
  5. 心臓の鼓動が急に早くなったり、脈拍が飛んだ事がある
  6. 息苦しくなるときがある。
  7. 夏でも手足か冷えるときがある。
  8. 胃の調子が悪いときが多い。(空腹感がない・胸やけなど)
  9. よく下痢や便秘をする。または便秘と下痢を繰り返す。
  10. 肩こりや腰痛がなかなか治らない。
  11. 手足がダルイ時が多い。
  12. 顔だけ汗をかく。または手足だけ汗をかく。
  13. 朝、起きる時に疲労を感じる。
  14. 気候の変化に弱い。
  15. やけにまぶしく感じる時がある。
  16. 寝ても寝ても寝たりない。
  17. 怖い夢をよく見る、または金縛りにあう
  18. 風邪でもないのに咳がよく出る。
  19. 食べ物を飲み込みつらい時かある、
  20. 喉に違和感がある。呂律が回らない時がある。
0-1個 自律神経に狂いはなさそうです。
2-3個 自律神経に負担が掛かっているかもしれません。
4-6個 自律神経失調症になりかけているかもしれません。
7個以上 すぐに休養を取り、できるだけ早く専門家に相談しましょう。

自律神経失調症になりやすい人

自律神経のバランスが乱れるのは、
生活環境やその人の性格や体質など
複雑な原因が絡み合っていると言われています。

★ストレスに弱い体質
生まれつき自律神経が過敏な子供。
すぐに吐く、下痢しやすい、
自家中毒、環境がかわると眠れないなどまた思春期や更年期、虚弱体質。

★ストレスに弱い性格
NO!と言えない、感情処理が下手、気持ちの切り替えができない、
人の評価を気にしすぎる、人間関係が苦手、依存心が強いなど、ストレスへの抵抗力が弱い。

★環境の変化
適応能力の衰え、社会環境の変化、環境の変化などへの不適応や過剰適応。

★生活のリズムの乱れ
夜更かし、夜間勤務や、不規則な生活習慣などは人体のリズムに反したライフスタイル。

★過度なストレス
仕事上のストレス、人間関係、精神的ストレス、環境の変化で起こる過剰なストレスの蓄積。

★女性ホルモンの影響
出産・閉経など、女性の体の変化を通じたホルモンの影響。

 

  • 診療時間のご案内

    〒432-8043 浜松市中区浅田町279-2

    TEL:080-3621-9980

    営業時間
    10:00~12:00 13:30~18:00

    治療院までのアクセス

  • 自律神経失調症の症状 なりやすい人
    この記事はいかがでしたでしょうか。
    是非ラポール鍼灸治療院の最新ニュース情報を、
    いいねしてチェックしてください!

    コメントを残す

    入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

    内容をご確認の上、送信してください。