体調不良や病気になった時、まずは体を休めたり、
お医者さんへ行って薬を飲んで回復させる事に努めますが、
でもその後の健康管理に何かしていますか?

再発させない為にも、いろいろな養生方があるかもしれませんね、
でも何からスタートすれば良いかは分からないものです。

例えば、血圧の高い方は、数多くの対処法があります。
塩分を控えたり、病院に通ったり、食事療法をしたり、
健康食品を飲んだり、健康法は様々ですが、
どれからスタートすれば良いのでしょうか?

健康管理には順序があります

3つのステップがあります。
階段を登ると考えてみて下さい。

 

第1歩は「食生活を見直す」という基本的なものです。
人間の体は、過去の生活習慣や食生活から創られています。
つまり、現在の体は過去の蓄積だといえるのです。
過去に食べてきたものが偏っていると、体もバランスを崩してしまいます。

ここで理解して頂きたいのは
物事には「原因」と「結果」があるということです。

病気の「原因」が過去の食生活の乱れなら、
「結果」は病気になってしまうのです。

当たり前のことですが、このパターンが理解できると新しい発見があります。
言い換えれば、今から「新しい原因」を作ることで、
未来を変えることは可能だということです。

今から、食生活を見直して、「新しい原因」を作ることで、
未来の「結果」は、健康で元気な体、になるわけです。

ですから、偏りのない食生活をすることが健康的な生活の基礎になります。

2つめの段階は、「不足している栄養素を補う」という過程に入ります。
これは、健康に役立つ栄養素を普段の食事から補うということです。

血液を奇麗にしたい方は野菜(食物繊維)を多く摂ったり、
中性脂肪が高い方は背の青い魚(DHA・EPA)を食べることを意識します。
ビタミン不足なら、果物を生で食べることを習慣にすると良いでしょう。

現代人の食生活は、ビタミンとミネラルが不足していることが多いので、
食事から摂れない場合には、サプリメントで補うことも考えなければなりません。

そして、3つの段階の最後になりますが、
ここで初めて「健康食品を使う」という場面になります。

健康食品には、健康上のお悩みに対応した素材が使われていますから、
良い「原因」を創ることが出来るのです。

ほとんどの方が、健康管理の順序を守らないで、
いきなり健康食品を飲んで「結果」である未来を変えようとします。1歩目、2歩目を飛ばして、いきなり3段階目に着地することは出来ません。

まずは、基本的な食生活を見直して、
不足している栄養素を摂ることに努めてこそ、健康の土台が完成するのです。
和食中心の低カロリーな献立に、
ビタミン・ミネラルを多く摂れるように食生活を変えることからスタートすると良いでしょう。

健康管理の3つのステップ
この記事はいかがでしたでしょうか。
是非レディース鍼灸salonラポールの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしてください!

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。