不眠症と交感神経

不眠症の原因は様々ですが、
主な原因はストレスなどにより、身体の緊張状態が続いている事です。
そのような場合は、お布団中に入ってもなかなか眠れません。
また眠ったとしても睡眠量は足りてません。

充分に寝ていないと、だるさを常に感じます。
そして、集中力が続きません。
大切な時にも力を発揮することができません。

身体をコントロールする自律神経系の一つである、
「交感神経が興奮」するのが不眠の原因でもあります。

交感神経が興奮すると、活動状態にするために指令が伝わるので

  • 心臓がドキドキ
  • 目がぱっちり
  • 汗が出る・・・
    のような状態になります。

このような不眠症の場合にも鍼灸治療を行う事で
自律神経を抑制させ、体をリラックスさせる効果があります。
当院では交感神経を興奮させる原因を見つけ、
鍼灸治療することにより不眠症を治療します。
ほとんどの患者さんは、治療を受けた日の夜はぐっすり眠ることができた。
と喜んで下さっています。

不眠症の患者様には、眩暈を感じる方も多いです。
めまいは平衡感覚の不調から引き起こされ、
平衡感覚の不調は自律神経失調症を引き起こしてしまいます。

ポイントまとめ
不眠症を考える時、自律神経の不調だけでなく、平衡感覚の不調も一緒に考えてみて下さい。解決の糸口が見えてきます

診療時間のご案内

〒432-8043 浜松市中区浅田町279-2

TEL:080-3621-9980

営業時間
10:00~12:00 13:30~18:00

治療院までのアクセス

この記事が良かったら、いいねして
最新記事をチェックしてください!

Twitterで

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください